Saito Naw > リポート
リポート : 2016 バードカービング作品展 in 西都市
 投稿日時: 2016-09-05 (1833 ヒット)
リポート

2016 バードカービング作品展が、西都市パオ1階「西匠の館」で開催、


野鳥など24点が展示されました。 頭の傾き加減、羽の色、今にも動きそうで、

どの作品も彫刻とは思えないリアルさ。

 

作品に顔を近づけ、食い入るように見てしましました。


素晴らしい作品に刺激され、作ってみたいと思われた方も多かったのではないでしょうか。
 

ご興味のある方は是非 コチラ➔宮崎バードカービング愛好会 までご連絡ください。

 

全出品者さんの写真がなく残念ですが、最終日 片付けの忙しい中、

快く写真撮影に応じて下さいました。

バードカービングで常設展示できるコーナーを西都市に設置!の夢が叶いますように。



 

 



 
 

 

            出品者 

 

 

  黒木 國夫(西都市)     戸田 知孝(西都市)  

    

  追立 敏弘(西都市)     塩崎 富善(西都市)

 

  田口 英次(新富町)     廣末 勝 (宮崎市)

 

  吉村 恵一(宮崎市)     甲斐 梅吉(宮崎市)

 

  渡邊 耕作(宮崎市)

 

 


 ◆主催:宮崎バードカービング愛好会(MBCC)  コチラ


 ◆会場:コミュニティプラザパオ1階 西匠の館 コチラ

 

 ◆会期:2016/8/14(日)~8/28(日) 

 

 


<2016 バードカービング作品展・チラシより引用>

 

わたしたちの作品展にご来場いただきありがとうございます。
バードカービングは、木から掘り出された野鳥彫刻で、
色彩を施すことで野鳥の姿をリアルに表現するものです。
自然保護の上からも剥製に代わるものとして注目され全国でも愛好者が増えています。


 

宮崎バードカービング愛好会=MBCCは、バードカービング愛好者を増やし、
自然保護運動に寄与することを目的にして

① 博物館等で剥製に代わる事業

② 野鳥保護に役立つ事業

③ 環境教育事業
を展開しています。


西都市は、かって「日本一小鳥のすむ郷土づくり」のスローガンをかかげて、
野鳥の好む樹木を植栽してきた経緯があります。
西都原ではたびたびハードウオッチングも行われています。
わたしたちの生活に身近な野鳥から季節の移ろいを感じたり、
野鳥の観察を通して自然環境の変化に気づかされたりすることもあります。

綾町の照葉大橋の近くにある照葉樹林館には、
綾町で見られる野鳥をバードカービイングで展示したコーナーがあります。
わたしたちは、西都市で見られる身近な野鳥たちを
バードカービングで常設展示できるコーナーの設置を
行政にも要望していきたいと考えています。

 

 

 

 
 
 
LINEで送る